G-J7X5MZWX03

【不妊治療】人工授精(AIH)1回目

39歳から不妊治療を始めて5年。44歳で不妊治療続行中の紅葉(もみじ)です。

このブログは、過去を振り返りながら書き進めています。

ーーーー

前回の記事はコチラ「【妊活】次の生理を待つ間に考えたこと

ーーーー

前の周期は卵巣が8cmくらいに大きくなってしまい、治療中断。

生理36日目の夜、ようやく次の生理が来た。

全ての薬をストップしたため、タイミング法をしていた時に生理5日目から飲んでいたクロミッドも無し。

ーーーー

D2(←生理2日目のこと)

私の誕生日。

40歳になった。

D12

婦人科へ。

卵巣の大きさは無事に元に戻った。(良かった~。)

そして、卵胞が1つ、2.1cmまで育っていた。

先生に「人工授精にステップアップしたい。」と伝えた。

この婦人科では、人工授精までは実施可能とのこと。

そして、精子の採取についても、

専用の容器を持ち帰り、人工授精当日に自宅で採取し、

3時間以内に婦人科へ提出すればよい、ということを確認した。

不安要素はなくなった。

「人工授精、お願いします。」と言った。

ーーーー

先生は「では、明日人工授精をしましょう。」とのこと。

急に決まった。

会計:5,660円

D13

彼は自宅にて、あっさりと容器に精子を採取。

(ぶっちゃけ、私は心配していたけれど、あまりにあっさりと提出準備ができたので、

「へぇ~、自分だとちゃんとできるんだ・・・」となんだか複雑な心境になっていた。)

ーーーー

婦人科へ。

人工授精(AIH)1回目。

精子入り容器を提出。

人工授精の準備に1時間ほどかかるので、私は婦人科の近くの喫茶店で時間つぶし。

婦人科へ戻り、いざ人工授精。

精子を子宮に注入した後、診察台の上で10分ほど安静タイム。

その後、先生との話。

ーーーー

彼の精子の状態を教えてくれた。(精液検査)

精液量:4.8ml (基準値2.0ml以上)

pH:8.2    (基準値7.2以上)

奇形率:7%    (基準値15%以下)

運動率:59.3% (基準値50%以上

ーーーー

授精する数値としては問題なさそう、とのこと。

ゴナトロピン5000注射を打ち、以下の2種類を処方された。

デュファストン5mg(1日2錠)を14日分

クロミッド50mg(1日2錠)次の生理5日目から5日分

会計:16,680円

ーーーー

デュファストンを飲み始める。

D15(AIHから2日後)

この日の朝、基礎体温が上がった。

前日の36.30℃から36.69℃へ。

ーーーー

婦人科へ。

ゴナトロピン注射を打つ。

会計:610円

D17(AIHから4日後)

婦人科へ。

ゴナトロピン注射を打つ。

会計:610円

D18~

基礎体温が36.70℃を超える日が続く。

デュファストンの効果か。

D29

朝、生理が来た。

つまり、人工授精(AIH)1回目で授かることはできなかった。

ーーーー

この周期の会計合計は

23,560円

ーーーー

↓ ランキング参加中 応援クリックお願いします。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキング

ーーーー

ーーーー

次の記事はコチラ「【不妊治療】人工授精(AIH)2回目

ーーーー

◆ 最新の投稿 ◆

AIH DHEA ERA検査 IVF MRI検査 アラフォー アンタゴニスト エストラーナテープ クロミッド ゴナトロピン セックスレス ソフィアA タイミング法 デュファストン プラノバール ポリープ マーベロン リセット 不妊治療 乳がん検診 人工授精 低用量ピル 体外授精 入院 凍結 加圧トレーニング 卵子の老化 基礎体温 妊娠前 妊活 子供が欲しい 子宮ガン検診 子宮筋腫 局所麻酔 手術 採卵 暗黒時代 精液検査 経過観察 胚盤胞 貧血 転院 過多月経 顕微授精 39歳