G-J7X5MZWX03

【不妊治療】人工授精(AIH)7回目

39歳から不妊治療を始めて5年。44歳で不妊治療続行中の紅葉(もみじ)です。

このブログは、過去を振り返りながら書き進めています。

ーーーー

前の記事はコチラ「【不妊治療】卵管造影検査と初回血液検査の結果

ーーーー

この周期、私は40歳6カ月になった。

ーーーー

D6(←生理6日目のこと)

不妊治療専門クリニックでの初診。

※ この日のことはコチラの記事へどうぞ。→【不妊治療】専門クリニックの初診

会計:26,040円

D7

クロミッドを飲み始める。

D12

卵管造影検査

※ この日のことは、コチラの記事へどうぞ。→不妊治療】卵管造影検査と初回血液検査の結果

会計6,820円

D15

クリニックへ。

人工授精(AIH)。

このクリニックでは初めてのAIH。トータルでは7回目となる。

ーーーー

8:00 容器に入れた精子を提出。

9:45 準備ができたと呼ばれ、内診室へ。

     卵胞は2.5cmと、1.7cmくらいのが2つ。全部で3つ育っていた。

     人工授精(AIH)実施。

9:55 診察

     炎症止めとしてフロモックス錠100mg(1日3回)2日分もらう。

ーーーー

精液検査

量 2.4ml

運動率:57.9% 

2層法にて調整後、運動率95.0%までアップ。これをAIHに使用。

精子に関して、特に問題なし。

ーーーー

10:00 HCG5000の注射を打つ。(低温期には排卵を助け、より正確に排卵させる。)

会計:21,760円

D17

クリニックへ。

内診。両方の卵胞が小さくなっていた。排卵していることを確認。

HCG5000を注射。(高温期には黄体機能を高め、黄体ホルモンの分泌を促し、受精卵の着床を助ける。)

会計:1,890円

D29

生理がきた。

人工授精(AIH)7回目で授かることはなかった。

ーーーー

この周期での支払い合計

56,510円

ーーーー

「卵管造影検査をすると、授精が上手くいきやすい」というのは

残念ながら私には当てはまらなかった。

まぁ、仕方ない。

これまで6回の人工授精を失敗してきたからか、

心へのダメージはあんまりなかったかな。

次はサクッとステップアップ。

不妊治療専門のクリニックに転院して2周期目。

体外受精へのチャレンジが始まる。

ーーーー

↓ ランキング参加中 応援クリックお願いします。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキング

ーーーー

ーーーー

ーーーー

◆ 最新の投稿 ◆

AIH DHEA ERA検査 IVF MRI検査 アラフォー アンタゴニスト エストラーナテープ クロミッド ゴナトロピン セックスレス ソフィアA タイミング法 デュファストン プラノバール ポリープ マーベロン リセット 不妊治療 乳がん検診 人工授精 低用量ピル 体外授精 入院 凍結 加圧トレーニング 卵子の老化 基礎体温 妊娠前 妊活 子供が欲しい 子宮ガン検診 子宮筋腫 局所麻酔 手術 採卵 暗黒時代 精液検査 経過観察 胚盤胞 貧血 転院 過多月経 顕微授精 39歳