G-J7X5MZWX03

【妊活】先にしておいた方が良いこと。その3・・・ガン検診

39歳から不妊治療を始めた紅葉(もみじ)です。

現在44歳で不妊治療続行中。

このブログでは過去を振り返りながら書き進めています。

ーーーー

前の記事はコチラ「【妊活】先にしておいた方がいいこと。その2・・・歯医者へ。

ーーーー

がんになると治療をすることになる。

その時に妊娠していると、胎児への影響を考えての治療となる。

当然、妊娠していなければできるはずの治療が、できなくなるとこもある。

母体への負担を考えて、早めに出産をさせる場合もある。

とにかくリスクが高くなることは確か。

ーーーー

ということで、妊娠前にはガン検診を受けておいた方が良い。

ーーーー

私の場合、年に1度の健康診断で婦人科のガン検診を

オプションで追加して受けている。

これは子宮頸がんの検診。

だいたい、『子宮がん検診を受けましょう』というと子宮頸がんのことを言うようだ。

2年前には子宮体ガンの検診も受けてある。

ーーーー

それと、乳がん検診も大事。

乳がん検診は、マンモグラフィー検査が主流となっているが、

私は超音波検査も加えてやってもらっている。

特に、乳腺の密度が高い「 高密度乳房(デンスブレスト)」は、

病気ではないのだが、マンモグラフィー検査で真っ白に映ってしまい、

ガンが見つけにくくなることもあるらしい。

ーーーー

高密度乳房(デンスブレスト)は、欧米人より日本人が、

また高齢の人より若い人に多いと言われているらしい。

しかも、日本人の約40%が高密度乳房(デンスブレスト)だと

考えられているとも。

ーーーー

そんな時には超音波検査の併用。

超音波なら乳腺の密度は関係なく診断できるので

良いらしい。

ダブルチェックは大事。

ーーーー

私が年に1度検診で行っている乳腺外科は

当日の検査でその場ですぐに結果を教えてくれる。

今回も問題なかった。

ひと安心。

ーーーー

ーーーー

次の記事はコチラ「【がん検診を受けよう】子宮頸がん検診の流れはこんな感じ

次の記事はコチラ「【妊活】まともな生理が来ない。しびれを切らして婦人科へ。

ーーーー

◆ 最新の投稿 ◆

AIH DHEA ERA検査 IVF MRI検査 アラフォー アンタゴニスト エストラーナテープ クロミッド ゴナトロピン セックスレス ソフィアA タイミング法 デュファストン プラノバール ポリープ マーベロン リセット 不妊治療 乳がん検診 人工授精 低用量ピル 体外授精 入院 凍結 加圧トレーニング 卵子の老化 基礎体温 妊娠前 妊活 子供が欲しい 子宮ガン検診 子宮筋腫 局所麻酔 手術 採卵 暗黒時代 精液検査 経過観察 胚盤胞 貧血 転院 過多月経 顕微授精 39歳